安心ゆたかさ

実感できるまち

「まつど」をめざして


市川恵一の政治姿勢

つも誠意を持って行動し

 ちいさな声にも耳を傾け

  かならずできるという信念を持ち続け

   わたしたちのふるさと松戸の夢とやすらぎのある未来のために

 

ごあいさつ

 風爽やかな新緑のまぶしい季節となってまいりましたが、まだまだ気温の変化が激しく体調を崩しやすいようです。さらには、新型コロナウィルス感染拡大も憂慮されます。どうかお体をご自愛下さいますようお願いいたします。
 さて、3月定例譜会では各会派からの代表質問が行われ、その後各常任委員会を開催し、一般議案の審議を行いました。引き続き、「予算審査特別委員会」を設置して、令和2年度の松戸市予算案が審讃されました。今回も、私は会派で予算委員に指名され、予算委員の皆様のご推挙により、二度目の委員長の任に当たり、4日間の予算審査に臨ませていただきました。今年は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、一般会計の予算審査は全て質問通告制とし、特別委員会室に答弁のために多くの職員を入室させない措置を取り、定期的な換気と消毒作業を徹底しました。また簡潔な質疑と答弁を求め、会議時間の短縮にご協力をいただいた結果、無事に令和2年度の予算を成立させることができ、なおかつ感染者を出すことはありませんでした。令和2年度の当初予算は、一般会計で1,551億6,000万円、特別会計で1,098億1,307万8千円、企業会計で529億8,865万4千円となり、特別会計には新たに新松戸駅東側地区土地区画整理事業特別会計が加わりました。
 また、松戸市議会として国に対し「新型コロナウィルス感染症対策に関する意見書」を提出することを全会一致で可決しました。これは国に対し、さらなる感染拡大防止対策の取組みが必要として、地方公共団体・医療の関係機関との連携や治療法の早期確立、医療物資の供給、感染者の人権配慮、風評被害等の防止、財政的支援に早急な対応を図ることを要望するものです。
 これからも、皆様の声を市政に届け、安心して住むことができて豊かさを感じられるようなまちづくりを推進し、より良い市民サービスの向上に努めてまいりますので、変わらぬご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

令和2年5月26日

 

松戸市議会議員 市川恵一

会派 市民クラブ 所属
総務財務常任員会 委員長・広報委員会 委員
都市計画審議会 委員・学校跡地検討協議会 委員

 

PAGE TOP
MENU