MENU


安心
ゆたかさ

実感できるまち

「まつど」をめざして


市川恵一の政治姿勢

つも誠意を持って行動し

 ちいさな声にも耳を傾け

  かならずできるという信念を持ち続け

   わたしたちのふるさと松戸の夢とやすらぎのある未来のために

 

ごあいさつ

 平素より格別なるご指導・ご支援を賜りまして誠にありがとうございます。
 例年より早い厳しい暑さの到来となっております。どうかお体をご自愛下さいますようお願い申し上げます。また、この度の西日本豪雨災害により被災された皆様にはお見舞いを申し上げますとともに、犠牲になられだ皆様にはご冥福をお祈り申し上げます。このような豪雨災害は、どのような地域でも起こりうるもので、特に本市では河川の決壊などによる浸水被害に警戒を要します。国・県との協力により、災害に強いまちづくりをさらに推進していく所存です。
 さて、市長選挙が終わり現職の市長の3選という結果でした。残念ながら自由民主党松戸支部としては、保守系議員をまとめきれず候補者の選出が出来ませんでした。結果、自由民主党松戸支部としては推薦候補者なしとなりましたが、その途端に現臓市長を応援する一部の自民党公認議員の活動が顕著となり、保守系候補者の選出がまとまらないのも当然だと感じました。いくら応援は自由だと言っても、公認議員が推薦もしていない候補者のだめにマイクをもって応援することは異例で、自民党は現職市長を推薦したものと勘違いされることとなり慎むべきであると思います。今後我々は、真の保守系議員として松戸市の借金を増やし続けてパラマキまくる政策の暴走を食い止め、財政健全化と行政の組織および意識改革を推進していかなければならないと感じています。
 6月定例議会の大きな動きとしては、これまで新松戸はもとより他地域の皆様からもお願いされて活動してまいりました、けやき通りの架橋ほか2ヵ所の道路を流山市木地区とつなげる予算が補正予算として上程され可決承認されました。詳細は次頁以降にで報告いたしますが、今年度末までに同時に共用し交通量を分散化し住民の安心安全な環境確保に寄与できるものと確信をいたしますとともに、多<の皆様の協力に感謝申し上げます。
 最後になりますが、今後も皆様の声を市政に届け、安心して住むことができて豊かさを感じられるまちづくりを推進してまいります。皆様のさらなるご指導と変わらぬご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

平成30年8月

 

松戸市議会議員 市川恵一

会派 市民クラブ 所属
総務財務常任委員・広報委員会委員
都市計画審議会委員・学校跡地検討協議会委員