安心ゆたかさ

実感できるまち

「まつど」をめざして


市川恵一の政治姿勢

つも誠意を持って行動し

 ちいさな声にも耳を傾け

  かならずできるという信念を持ち続け

   わたしたちのふるさと松戸の夢とやすらぎのある未来のために

 

ごあいさつ

 新年あけましておめでとうございます。コロナ禍、新年早々に感染拡大による第3波と言われており不安な毎日かと存じます。そのような状況下ではありますが、皆様にとりまして実りある一年となりますようお祈り申し上げます。また、平素より格別なるご指導・ご支援を賜りまして誠にありがとうございます。
 さて12月議会では、最終日に議長・副議長が一身上の都合で辞任をされました。そのため選挙によって後任人事を行い、議長に木村みね子(松政クラプ)、副議長に岩堀研嗣(市民クラプ)が決まりました。また、監査委員には高橋伸之・大塚健児に決定いたしました。就任された議長は私と同期であり、同期として始めての議長就任ですので、しっかりとバックアップしていきたいと思っています。市政に関する一般質問については、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、学校教育・濃厚接触者への検査体制•PCR検査の必要性・中小業支援体制など様々な角度からの質問が多くされました。市長提出議案からは、一般会計補正予算(第10回)、病院事業会計補正予算(第3回)など10件が提案されましたが、9箇所のスポーツ施設の指定管理者の指定については相変わらず1者だけの応募で、競争性の担保について質疑されました。
 また、11月臨時議会では、市長提出議案5件を各委員会にて審査いたしましたが、一般会計補正予算(第9回)の新型コロナ感染症対策関連では、検査の拡充の観点から、高齢者(65歳以上)・基礎疾患のある方・幼保小中勤務者にPCR検査費用補助(1件2万円)を承認いたしました。いずれも無症状者が対象ですが不安の解消に役立てていただきたい。
最後になりますが、合後も皆様の声を市政に届け、安心して住むことができて豊かさを感じられるまちづくりを推進してまいります。皆様のさらなるご指導と変わらぬご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

令和3年1月31日

 

松戸市議会議員 市川恵一

会派 市民クラブ 所属
健康福祉常任委員会委員・広報委員会委員
都市計画審議会委員・学校跡地検討協議会委員

 

PAGE TOP
MENU